展覧会

展覧会

第二十回 珠現会展

とき 令和2年11月3日(火)~8(日)
午前10時~午後6時
最終日は午後5時まで
ところ 名古屋市民ギャラリー栄
(中区役所朝日生命協同ビル7階 第4・5室)

第20回珠現会展は、コロナ禍の中ではありましたが六日間でのべ550名のご来場者にご高覧いただき、無事盛会裡に終えることができました。
心より御礼を申し上げます。
『二十回展を節目に、会員一同、より精進し、新たな道を切り拓き、歩み続ける所存です!』
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
珠現会主宰 小栗秋香

小栗秋香 書展 「自然に還る」

コロナ禍の中で人は何を問い、何を想うのか
「自然に還る」をテーマに、
書家・小栗秋香が文字に託します。

会期 2020年10月3日(土)~10月18日(日)
火~金 11:00~16:00
土・日 11:00~17:00 月曜休
作家在廊日/会期中の火・土・日曜
会場 Gallery 佑 -キャラリーゆう-
名古屋市昭和区山手通三丁目24番地1シンシア山手2F
TEL:052-861-1330
FAX:052-861-1332
営業:火・金 11:00~16:00
   土・日 11:00~17:00
   月曜休廊 ※会期中のみ日曜開廊

今回は還自然というテーマにて
大自然に還り、
コロナ禍にての想い、
を文字に託しました。

コロナ禍の中ご来駕いただきました皆様、
イベントにご参加くださいました皆様、
企画、実行、お世話くださいました皆様、
すべての皆様に感謝と御礼を申し上げます。

オープニングイベント
・料理と書のコラボ
・音楽と書のコラボ

’20 今日の書展

書の伝統に根ざした「今日の書」を求めて・・・33回

会期 令和2年1月21日(火)~1月26日(日)
A.M.10:00~P.M.6:00
1月24日(金)A.M.10:00~P.M.8:00
最終日 1月26日(日) A.M.10:00~P.M.4:30
会場 愛知県美術館ギャラリー
(愛知芸術文化センター8F)
主催 中部圏書芸作家協議会・中日新聞社
以文会・玄玄書作院・書典社・東海書道藝術院

 

第46回 公募玄玄展

会期 令和元年11月19日(火)~11月24日(日)
午前10時~午後6時まで
但し11月22日(金)午後8時まで
最終日11月24日(日)午後4時まで
会場 愛知県美術館ギャラリーF・G
(愛知芸術文化センター8F)
主催 玄玄書作院
共催 中日新聞社
後援 愛知県・名古屋市

 

’19「今日の書」代表作家展

書の伝統に根ざした「今日の書」を求めて

会期 令和元年7月9日(火)~14日(日)
時間 午前9時30分~午後6時
(最終日は午後5時終了)
会場 名古屋市民ギャラリー栄
7階 第二展示室
主催 中部圏書芸作家協議会
後援 中日新聞社

 

第三十四回 玄玄書作院会員展

会期 2019年4月9日(火)~14日(日)
九時半~十八時
(最終日は十七時まで)
会場 名古屋市民ギャラリー7F(3・4・5号室)
中区役所朝日生命共同ビル
主催 玄玄書作院

 

第十九回 珠現会展

とき 平成30年11月13日(火)~18(日)
午前9時30分~午後6時
最終日は午後5時まで
ところ 名古屋市民ギャラリー栄
(中区役所朝日生命協同ビル7階 第4・5室)

ありがとうございました

 

’19 今日の書展

書の伝統に根ざした「今日の書」を求めて・・・32回

会期 平成30年12月26日(水)~平成31年1月6日(日)
A.M.10:00~P.M.6:00
(12月28日~1月3日は休館)
1月4日(金)A.M.10:00~P.M.8:00
最終日 1月6日(日) A.M.10:00~P.M.5:00
会場 愛知県美術館ギャラリー
(愛知芸術文化センター8F)
主催 中部圏書芸作家協議会・中日新聞社
以文会・玄玄書作院・書典社・東海書道藝術院

 

第45回 公募玄玄展

会期 平成30年8月7日(火)~8月12日(日)
午前10時~午後6時まで
最終日8月12日(日)午後4時まで
会場 電気文化会館ギャラリー東・西
(電気文化会館5F)
主催 玄玄書作院
共催 中日新聞社
後援 愛知県・名古屋市

 

’18「今日の書」代表作家展

書の伝統に根ざした「今日の書」を求めて

会期 平成30年7月17日(火)~23日(月)
午前10時~午後6時
(日曜日は午後5時・最終日は午後4時終了)
会場 名古屋・栄 中日文化センター 4階
中日ギャラリー
主催 中部圏書芸作家協議会
後援 中日新聞社

 

第三十三回 玄玄書作院会員展

会期 平成30年4月10日(火)~15日(日)
九時半~十八時
(最終日は十七時まで)
会場 名古屋市民ギャラリー7F(3・4・5号室)
中区役所朝日生命共同ビル
主催 玄玄書作院

 

’18 今日の書展

書の伝統に根ざした「今日の書」を求めて・・・31回

会期 平成30年1月10日(水)~14日(日)
A.M.10:00~P.M.6:00
最終日14日(日) A.M.10:00~P.M.5:00
場所 電気文化会館ギャラリー東・西
主催 中部圏書芸作家協議会・中日新聞社
以文会・玄玄書作院・書典社・東海書道藝術院

第44回 公募 玄玄展

会期 平成29年8月22日(火)~8月27日(日)
午前10時~午後6時まで
但し8月25日(金)午後8時まで
最終日8月27日(日)午後4時まで
会場 愛知芸術文化センター8F
愛知県美術館ギャラリーE~I室
主催 玄玄書作院
共催 中日新聞社
後援 愛知県・名古屋市

 

SHO美 囁きの中の宇宙

書道のライフワークとしている女流書家
同年齢の三人で、人生を囁く
2017 夏の終わりに

市川 華園
大矢 翠光
小栗 秋香

会期 2017年8月2日(水)~30日(水)
場所 ウェスティンナゴヤキャッスルB1 アートギャラリー
名古屋市西区樋の口町3番19号
TEL:052-521-2121

生まれいづるもの 陶と書と

生み出すものは違えども、込める 想いは同じ。

【書】小栗秋香

6歳より筆を持つ。古典に則った基礎の学びを重んじ、墨色の美しさを大切に、品格のある、練度の高い書を目指す。亡吉田墨山氏に師事。
珠現会 主宰、玄玄書作院 常任理事、中部圏書藝作家協議会 所属、中川区書道連盟 常任理事。

【陶】小出 芳弘

昭和50年に穴窯を築窯。古常滑の土と自然釉にこだわり、薪で穴窯で焚き続けている。江崎一生、山本千山氏に師事。日本工芸会 正会員。
常滑の若手の活躍と、常滑の未来を思い、日々作陶に励んでいる。

会期 2017年3月7日(火)~26日(日)
11:00~17:00 月曜休館
※初日3/7(火)、期間中の土・日曜は作家在廊
場所 Gallery 佑 -キャラリーゆう-
名古屋市昭和区山手通三丁目24番地1シンシア山手2F
TEL:052-861-1330
FAX:052-861-1332
営業:11:00~17:00 日・月曜休廊(会期中のみ日曜開廊)
1